【アストロ】完了・・・無謀な修理〜デフオイル交換&リヤハブベアリング交換【愛車】


本日・・・修理完了しました。
実に、ハプニング続きの修理。
マジで無謀でした(笑)

ベアリング・・・こいつを抜くのが一番苦労しました。


いつも無理で無茶な頼みごとにこたえてくれる・・・
そして頼りになる町内のK農機鉄工さんに相談して造ってもらったスペシャルツール!

オリジナルスライディングハンマー!!



こんな感じで・・・抜くわけです。
ガンガンと・・・
棒に通してある重めの筒をスライドさせ叩くわけです。
途中、このツールが、折れたりして何度も溶接したりと・・・

苦労しましたが
なんとか抜けました。
手首が痛いです!握力が低下してます(汗)



やっと抜け感動!
達成感。
そして新しいベアリングは、簡単に入った。
軽く、プラハンで叩いて・・・



ばらしたデフのピニオンも戻す。パーツクリーナーで綺麗に洗浄。
てか・・・減っているみたい(涙)
デフギア自体を交換しなければならないんじゃない????

シム調整でなんとかなるらしいって噂は聞いたことありますが・・・
調整するより程度のいい中古をホーシングごと交換する方が安上がりって噂も。

シムもどこで手に入るのか不明だしね。
というか、手に入るのか?
その前に、素人では、調整は難しい?
って、減って遊びが大きい分、シムを厚くすればいいだけなのかと思うんですが。
専門家の領域ですよね?意外に微妙なセッティングなんでしょうね・・・
そんなわけで諦めデフカバーを付ける。
錆びも落とし、シャーシブラックで塗装もした。
何層にも厚く塗り重ねてみた。
塗装済みの写真・・・

撮りわすれた!!!

こうして、デフオイルを入れ完了!!


デフホーシング全体も残ったシャーシブラックで塗装。
一安心

こうして、無謀な修理はやはり無謀であり、一般整備工場に断られる訳を改めて実感。

周りの人たちの世話になりながらもこうして修理できたこと。
倉庫も工具類も農機具の整備や修理で使うのでそこそこ揃っていた環境。

自分一人だけの力で修理できたわけではないってこと。
ネットで下調べもしました。
アストロの整備法などを掲示板や、サイト公開してらっしゃるプライベーターの皆様など・・・そして、この記事もこれからこうしてアストロの整備をする人の参考になれば・・・

スペシャルサンクス
MモータースM氏(叔父)(アドバイス&足りない工具を借りた)
K農機鉄工社長&O寺君(スペシャルスライディングハンマー設計製作)
小平のM田商会(高級スライディングハンマーを貸してくれた・・・が、ベアリングサイズに合わなくて使えなかったし壊したら高そうなので結局未使用)
父親(文句を言いながらも修理の時間をくれた)

こうしてプライベートな時間を過ごせた。


明日からは、また農作業!
果樹畑の草刈だ・・・







| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
mnouenをフォローしましょう